ロンドンの歯医者に行ってきた【プライベート歯科】

元々歯の病気になりやすい方だったので、日本では3ヶ月に一度クリーニングに行っていたのですが、ロンドンに来てから一度も歯医者に行っていませんでした。おかげで歯が歯石やら着色やら・・・。

だって高いんだもの!イギリスにはNHSの歯科とプライベートの歯科とあるのですが、NHSの歯科って予約して行くまで時間かかる上、だからといって日本ほど安くない(約£60)と聞いていたので、イギリスで最初の歯医者さんは日系のプライベート歯科に行ってきました。

今回訪れた歯医者さん

K歯科医院さんに行ってきました。私が行ったところはその日は日本語が話せる先生と助手件受付の日本人スタッフの方のみ在籍していらっしゃいました。

診察内容

今回はクリーニングのみ行ってもらいました。日本の歯医者さんではクリーニングは全て歯科衛生士さんにしかしてもらったことがなかったのですが、ここでは先生自らクリーニングをされていました。日本と違ったのは日本では糸ようじを仕上げに使っていたのですが、こちらでは糸ようじは使わず、リトマス紙のもっと細いような紙を歯と歯の間に入れてゴシゴシされました。それはなぜか前歯しかされなかったです。

受付から支払いまで約1時間でした。

料金

初診料£95、クリーニング料£135、トータル£230でした。高い!もうその感想しかない。高い!

感想

クリーニングに対する感想としては日本と比べるとやや劣るかなーと。何がかと言うと丁寧さ?歯を一本一本クリーニングしているように感じませんでした。あっちの歯に行ったりこっちの歯に行ったり、行ったり来たり・・・笑

また、顔中水しぶきが飛んでくるし、終わった後鏡を見せてもらったんですが、白い粉が口周りにめっちゃついてるし、よく見たら着色取れてないところあるし、それを指摘したら前治療した部分のコーティングとの境目だから削らないとできないと言われました。日本じゃいつもしてもらっていたので、この先生?イギリス?の技術じゃできないことだったのかなとかなり残念でした。

それでも虫歯はないと言われたし、とりあえず綺麗にはしてもらえたので概ね満足です。

それでも日本の歯医者ってすごいんだなーっと改めて実感しました。

もちろん、イギリスの歯医者さんが全て今回のような感じだとは思っていませんし、日本人の先生がいるところを選べばもっと日本と同レベルの技術を提供してくれるかもしれません。

余談

個人的に、イギリスで歯のクリーニングに約30,000円を出すなら、マルタに旅行がてら歯医者に行くのもありかなと思いました。マルタのクリーニングは一回約4,000円〜5,000円で、技術も日本と同等もしくはそれ以上だとか・・・。多分次回の歯に関するブログはマルタ編になるかもです笑

ブログランキング参加中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です